お知らせ

2020.09.11コロナウイルス対策 要望!

9月8日・10日、鈴亀地区老人福祉施設協会会長として、鈴鹿市長と亀山市長に対して、
介護施設職員のための新型コロナウイルス感染症対策要望書を届けてきました。
要望内容は3点。
1 利用者感染時の医療機関への円滑な入院の実現
  国では、感染症が発生した場合の対応について通知等で示されてはいるものの、地域の医療機関の受け入れ状況によっては、高リスクであるとされている高齢者が入院できなかった事例も報告されていることから、適切な入院措置が取られるようお願いします。
 2 介護サービス利用者、介護事業所に勤務する介護・看護職等への優先的PCR検査の実施
介護サービス利用者、介護事業所に勤務する介護・看護職等に発熱、体調不良等が発生した場合は、本人または各施設からの申し出に基づき、当該利用者及び介護事業所に勤務する介護・看護職等に対して優先的にPCR検査を受けられる体制の整備をお願いします。
 3 感染者対応職員への宿泊施設の確保と提供
感染者に対応する職員に関しては、帰宅時に家族や同居者等に感染するリスクを避けて通れない状況にあります。感染者に対応する職員のご家族や同居者等が風評被害や保育施設に拒否されるようなケースも見受けられていることから、感染者に対応する職員の宿泊施設の確保と提供ができるようお願いします。

現場の声を行政に、しっかりと届けてきました!


 

2020.04.15笑顔だよりvol.15

2020.03.04新型コロナウイルス等の感染対策に関するお知らせ

厚生労働省より「社会福祉施設等(入所施設・居住系サービスに限る。)における感染拡大防止のための留意点について」が、2月25日(月)に三重県を通じて県内施設へ通知がありました。

高齢のご入居者様、ご利用者様をお預かりしている当施設では、2/26(木)より面会禁止とさせていただくことに致しました。 

福祉施設の使命として、このような感染症から身を守ることが重要だと考え、日ごろから職員の衛生管理に細心の注意を払い、検温、手洗い、手指消毒、うがい、マスクの着用や施設内の消毒などの対策を徹底しております。一方で、ご家族の皆様のご協力も欠かせません。 

とりわけ、ご家族の皆様とご入居者様、ご利用者様が接触される面会時の対応が大事なのは、皆様にもご理解いただけると思います。面会を楽しみにしているご入居者様、ご利用者様、ご家族様には大変申し訳なく、心苦しい思いではありますが、大切なご入居者様、ご利用者様を不測の事態からお守りする最善の策として、ご理解をいただきたいと思います。

面会禁止解除の時期につきましては、感染症の流行の終息を確認したところで、改めてお知らせ申し上げます。ご家族の皆様方には、事情をご賢察のうえ、なにとぞご協力のほど重ねてお願い申し上げます。 

2020年2月26日
桜の森白子ホーム 施設長 伊藤健司

2020.01.14笑顔だよりvol.14

2019.10.14笑顔だよりvol.13