四季だより

特別養護老人ホーム2019.09.15

施設長日記 16 健康・救急フェアに出展!

本日、9月15日(日)
鈴鹿医療科学大学白子キャンパスで「第33回健康・救急フェア」が開催。
9月9日の「救急の日」にちなみ、救急と健康に関する理解を深めていただくイベントなんです。
桜の森白子ホームは、医療大グループとして、介護ロボットHALの啓発コーナーを担当。
一人でも多くの方に、HALを知っていただけるチャンスです。
夕方まで、がんばります!

特別養護老人ホーム2019.08.31

施設長日記15 いきいき介護フェスタ開催!

本日8月31日(土)から〜9月2日(月)
鈴鹿ハンター1階センターコートで、鈴亀地区老人福祉施設協会主催の「いきいき介護フェスタ   社会福祉施設利用者の作品展示」を開催しています。
桜の森白子ホームも、に入居者さん利用者さんの作品をたくさん展示させて頂いております。
ぜひ、お越しくださいね。
 

特別養護老人ホーム2019.08.31

施設長日記14 地域で支えていくための特養の役割とは・・・

8月30日(金)、福祉医療機構主催の「2019年度特別養護老人ホーム経営セミナー」の参加するため、大阪へ・・・
団塊の世代が75歳以上となる2025年に向けて急速に増加する後期高齢者のニーズに対応するため、介護サービス基盤の確保、介護人材の処遇改善、多様な人材の確保・育成、「介護離職ゼロ」の実現など政府をあげた取り組みがなされているなか、特別養護老人ホームなどの介護施設では、認知症高齢者や重度要介護者に対するケアや介護を理由とした離職者への支援が求められており、閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2018」においても、新オレンジプランの実現により高齢者ひとりひとりの容態に応じた適切な介護等を提供されることが掲げられており、今後、専門的な知識を取得した人材の育成や認知症高齢者等にやさしい地域づくりが急務となっていきます。「認知症高齢者の支援など重度化する利用者を地域で支えていくための特養の役割とは」をテーマに、特別養護老人ホーム等で実践している認知症の支援の取り組みを学び、専門性を備えた人材の育成方法について、このセミナーでの学びを持ち帰って職員の皆さんとともに考えていきます。

デイサービス2019.08.26

タマゴサンド作り

今日はデイサービスでタマゴサンド作りをしました。
ゆで卵をむいて、そのあとは利用者様に手伝っていただきました。
美味しくできました。

特別養護老人ホーム2019.08.25

お散歩

天気が良かったので、気分転換に桜の森公園にお散歩に行きました!

さすがに日が当たっている所は暑くて職員もバテそうでしたが、
公園の、日陰になっている場所は涼しくて気持ち良かったです。

帰って水分補給をしっかりとしていただいました☺

特別養護老人ホーム2019.08.23

施設長日記13 桜の森かふぇ~

8月第3日曜日の午後、桜の森カフェを開催しました。
8月のカフェは、雪見大福づくりに挑戦!!!
大福の皮をうすく、キレイに作るのに大苦戦!
中味は、あんこ・きなこ・バニラアイス
見た目は・・・
でも味は、GOOD!でした

次回は、9月8日(第2日曜日)
ロボットスーツHALを体験してみよう!
足腰の弱った方などが装着して体幹動作や立ち座り動作などを繰り返すことによって、身体そのものの機能向上が促され、HAL® を外した状態での日常生活の自立度を高めることが期待できるロボットスーツHALを体験。
問合せ・申込先::373-4650まで

 

特別養護老人ホーム2019.08.23

施設長日記 12 福祉避難所立上げ訓練!

本日、ショートステイ松村職員とともに、鈴亀地区老人福祉施設協会主催の「福祉避難所開設訓練」に参加しました。
鈴鹿市社会福祉センターの2階のほぼ全エリアを使った訓練。
様々な課題が見え、桜の森の備えにしていきたいと感じました。

特別養護老人ホーム2019.08.04

施設長日記 11 もろこし もろこし…

ショートステイ前の桜の森農園で採れたトウモロコシ
ショートの職員さんが茹でてくれました。
当直の夕食のお供に、いただきました。
とっても、美味しくて…
職員さんの毎日のお世話、心のこもった味がしました。